【その叱り方、失格です。】部下を育てるコミュニケーションとは

「部下がなかなか成長しない」

「何度叱っても、同じようなミスを繰り返す」

そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

部下を育成するためのコミュニケーションは、多くの方にとって大きな課題です。

特に世代が離れれば離れるほど、コミュニケーションの取り方が難しいと考える方が多いようです。

そこで今回は、部下に直してほしいことがある時に、どのように叱ると効果的なのか。解説します。

“叱りの達人”になって、理想の上司へと生まれ変わりましょう!

叱りの達人① 感情的に怒らない

根本的に叱ることが苦手な方は、”怒る”と”叱る”の区別がついていません。

“怒る”ことは、自分の感情を人にぶつけることです。

一方、

“叱る”ことは、相手の良くない点をみつけて、より良い方向へ導くいてあげることです。

部下を叱るのが苦手な人は、自分自身のイライラにまかせて感情的に怒っているのです。

怒っている人の言うことを、部下は聞いているようで聞いていません。

自分の感情にまかせて一方的に怒られても、頭には残らないのです。

特に、自分に余裕がなかったり、焦っている場面では、怒るのをぐっと我慢して、相手の良くない点と改善点を整理してから端的に伝えてあげましょう

ケース_業務を期限までに終えていない部下に対して

×「まだ終わっていないのか。なんで終わらなかったんだ。あなたが期限を守らなかったことで、どれだけの人に迷惑がかかるか、分かっているのか。こっちも忙しいんだよ。」

「期限に間に合わないことで、人からの信用を失うかもしれないぞ。次回は、期限ギリギリではなく、前倒しで業務が終わるようにスケジュールを調整してみなさい。」

叱りの達人② 悪い部分だけを指摘する

あくまでも、叱るべき対象は、”人”ではなく、その人の”行為”です。

どんな人にもプライドはあります。自分の人格を否定されたら嫌な気持ちになるはずです。

叱る際には、昔のことや関係のないことを持ち出すことをせずに、叱るべきポイントを一つに絞って、端的に叱るようにしましょう。

ケース_資料に誤字が散見された部下に対して

×「あなたは、雑すぎる。前にも、スライドの誤字が多いことがあったじゃないか。もっと緊張感をもって仕事をしてくれないと困るよ。」

「今回の資料は誤字やミスが多かったぞ。私も以前、小さなミスが多くて困っていたが、この本に書いてあるポイントを毎回チェックすることで、今では意識しなくてもミスを減らすことができているんだ。」

叱りの達人③ 嫌われることを気にしない

叱るのが苦手な方の中には、

「叱ったことが原因で、嫌われたらどうしよう。」

と考えて、叱らなかったり、中途半端に叱るようなことがあるようです。

特に、細かいことを指摘するのは気が引ける。と考える方は多いのではないでしょうか。

確かに、重箱の隅をつつくようなことを指摘したら、嫌がられそう。という気持ちも理解できます。

しかしながら、その時に指摘しなかったがために、重要な場面でも同じミスを繰り返した。なんてことにもなりかねません。

また、嫌われることを恐れて自信なさげに叱っていては、あなたの想いをはっきりと伝えることはできないでしょう。

叱るときに妥協は許されないのです。

直接叱るほどではない、細かいことについては、口頭ではなくビジネスチャットで伝えてあげるとお互いにとってよいかもしれませんね。

部下にとっても文字に残してもらうことで、それを見返したり、フィードバックを整理したりすることができます。

ケース_資料で細かいミスをみつけたとき

×「こんなに細かいことを指摘したら、細かいことに口うるさい人だと思って距離を置かれてしまうかもしれないな・・・」

「小さいミスではあるけれど、このような小さなミスがなくなれば、彼(彼女)にとっても、チームにとってもより理想へ近づけるはずだ。」

いかがでしたか?

今回は、今日からできる叱り方について解説しました。

Twitter上には、こんな素敵なことを発信している方がいらっしゃいましたよ!

叱るかどうか悩んでいるとき や 感情的に叱ってしまいそうなとき、この言葉を思い出してみてください。

“マネージャーの役割は、部下の履歴書をかっこよくすること”

おのずと、あなたの部下の成長に直結する言葉をかけることができるかもしれませんよ。

それがあなたのスマートワークにもつながるはずです!