【5G時代の新常識】世界の最新トレンド”RCS”とは

2019年、世界では次々に5G回線のサービス提供が始まりました。

日本でも5G回線の整備や5G対応端末の販売準備が行われており、「5G」関連のニュースを聞かない日はないくらい、大きな注目を集めています。

5G回線によって、これまでの4G回線やLTE回線よりも通信速度が速くなるのは皆さんご存じのとおりです。

例えば、これまで数分かかっていた動画のダウンロードがわずか数秒で完了してしまう。というのか”5Gの世界”です。

これによって、ますます情報の量・質・スピードが向上していくことは、間違いないでしょう。

そこで、今回は5G時代に最も注目されている、RCS(リッチコミュニケーションサービス)についてご紹介します。

What’s RCS?

3つの英単語が並ぶと「うわ、また新しいヤツ出てきたよ。」と思いますよね。

RCSももれなく、そのうちの一つです。

RCSは「Rich Communication Services」の略で、「従来のSMSよりもできることが増えたメッセージツール」と認識していただくとイメージしやすいかもしれません。
※正確には、GSMAが定めるメッセージサービスの国際規格を指します。

では具体的に、これまでSMSには機能がなく、RCSによって初めてできるようになった点は何でしょうか。

答えは、

画像・動画などのテキスト以外のファイルも送ることができる点です。

「なんだ、それだけか。LINEやメッセンジャーと変わらないじゃん。」

と思った、そこのあなた。

RCSの実力を確かめるために、まずこちらをご覧ください。

これが最新トレンド。RCS活用事例

Subway creates personalised customer experiences with RCS

米サブウェイでは、写真を選択していくだけで、自分好みのトッピングが入ったサンドウィッチをRCS上だけでオーダーすることができる仕組みを用意しています。

この例をみて分かるように、

電話番号さえあれば、利用用途に応じて様々なサービスを提供できるという点において、他のコミュニケーションツールよりも優位性があると言えます。

特にBtoC領域の企業にとっては、非常に使い勝手の良いサービスです。

またRCS上では、企業のカラーやアイコンを設定できるため、LINEやメッセンジャーに比べて、デザインをカスタマイズできるというポイントもあります。

さらに、アカウント偽造防止のため「認証マーク」を付与することもできるのです。

RCSって、日本でも使えるの?

皆さんも、少しRCSについて興味を持たれたのではないでしょうか。

「今すぐにでもRCSを使いたい。でも日本でRCSって使えるの?」

そんな疑問をお持ちの方に朗報です。

実は、もうすでに日本では「+メッセージ」というRCSに準拠したアプリケーションをインストールすることができます。

「+メッセージ」は、ソフトバンク・NTTドコモ・KDDIの3キャリアが合同で開発したアプリケーションです。

また、この「+メッセージ」は、5G対応端末を持っていなくても使用できます。

つまり、「+メッセージ」自体は5G回線がなくても、従来の4G回線やLTE回線でも十分使用することができるのです。

5G回線の登場によって、よりスムーズに画像や動画を送信することができることから、“5G時代のアプリケーション”として大きな注目を集めていたのですね。

皆さんも是非お手持ちのスマートフォンにインストールしてみてください。
※MVNO(格安SIM)で契約している場合、使用できない場合がございます。

+メッセージ(NTTドコモサービスページ)
https://www.nttdocomo.co.jp/service/plus_message/

ついに2020年3月から各キャリアが5G回線の提供を開始します。5G回線が日常的に使われるようになったとき、私たちの生活はどのように変化するのでしょうか。5G回線の3つの特徴とともに未来をのぞいてみましょう。

Text by Tetsu Shinohara